2018ドラフト(高校)

【2018年東京ヤクルトドラフト6位】日本文理高、鈴木裕太選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、東京ヤクルトドラフト6位、日本文理高、鈴木裕太選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

日本文理高、鈴木裕太選手の略歴、出身

出身 新潟県新潟市
身長/体重 182cm/87kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 日本文理高(新潟)
17年秋実績 新潟大会優勝(○3-1中越)/北信越大会8強(●1-7日本航空石川(石川))
18年春実績 新潟大会優勝(○6-2関根学園)/北信越大会4強(●6-7佐久長聖(長野))
18年夏実績 新潟大会4回戦(●3-5新潟)
甲子園実績 2年夏2回戦(●0-1仙台育英(宮城))

日本文理高、鈴木裕太選手の実績

高校時代は1年春からベンチ入りしています。

1年夏はベンチ外になりましたが、1年秋に復帰しリリーフで登板しています。

2年夏の大会は、レフト兼リリーフで登板し11投球回、奪三振11、自責点5で県大会優勝に貢献しました。

甲子園では、2投球回、自責点0の成績を残しています。

3年夏の大会は、4回戦で敗退しましたが、14.2投球回、自責点7、奪三振15、奪三振率9.20の成績を残しています。

【スポンサーリンク】

日本文理高、鈴木裕太選手の特徴

最速150km/hの直球に、スライダー、カーブ、SFFをあやつる本格派右腕です。

ノーワインドアップから足を高めに上げて重心を低く綺麗な体重移動で腕を振り切る投球フォームとなっています。

常時140km/h弱の真っ直ぐに、キレのある120km/h台スライダーを中心に織り交ぜ奪三振を奪える投手です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

下級生のころからプロ注目として話題になった投手です。

3年夏の大会は県大会で敗退してしまいましたが、プロの評価は変わっていないようです。

ドラフトで指名される可能性は高いと思います。

期待しましょう!

 

10/25追記

東京ヤクルトドラフト6位で確定しました!!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年東京ヤクルトドラフト4位】明豊高、濱田太貴選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】