2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】日本文理大、鶴永竜治選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、日本文理大、鶴永竜治選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

日本文理大、鶴永竜治選手の略歴、出身

出身 鹿児島県薩摩川内市
身長/体重 180cm/83kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 川内高(鹿児島)

 

高校時代は1年夏からサードでレギュラーを務めて、チームは4強入りしています。

3年夏の大会は4番サードで出場し、優勝した鹿屋中央高に2-4で敗れ8強止まりでした。

甲子園出場経験はありません。

日本文理大、鶴永竜治選手の実績

大学では3年春からリーグ戦に出場しています。

主にリリーフとして活躍し、防御率4.50の成績でリーグ優勝に貢献しました。

4年春も1勝、防御率2.53でリーグ優勝を果たし、3年春4年春とも初戦敗退ながら全日本大学選手権に出場しています。

4年春までの通算で、1勝、16.2投球回、防御率3.24の成績を残しています。

【スポンサーリンク】

日本文理大、鶴永竜治選手の特徴

最速148km/hの直球と、スライダー、フォーク、チェンジアップをあやつる本格派右腕です。

常時セットポジションから左足を大きくあげて一瞬タメを作ってから素早く投げ込む投球フォームとなっています。

直球を軸にスライダーとフォークで奪三振を奪うパワーピッチングをするタイプの投手のようです。

制球面ではやや甘いコースに行くことが多いのが課題だといわれています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

直球には力強さがあるプロが注目している右腕になります。

制球面がもっと向上すれば大きく化ける可能性を秘めているので、育成目的でドラフトでは指名する球団があるかもしれませんね。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年埼玉西武育成ドラフト1位】日本経済大、東野葵選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】