【2018年ドラフト】日本経済大、森祐樹選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、日本経済大、森祐樹選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

日本経済大、森祐樹選手の略歴、出身

出身 福岡県大牟田市
身長/体重 188cm/79kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 有明高(熊本)

高校時代は2年夏からエースを務めていました。

3年夏の大会は済々黌に7-4で敗れ3回戦で敗退しています。

甲子園出場経験はありません。

日本経済大、森祐樹選手の実績

大学では1年春からリーグ戦に出場しています。

下級生時代は大きな成績ではないものの投手十傑には必ず入る成績を残してきました。

3年秋に5勝、防御率1.20で敢闘賞とベストナインを初受賞しています。

3年春に42投球回で防御率2.57、3年秋に41投球回で防御率1.54の成績を残しています。

4年春までの通算で、17勝、231.1投球回、防御率3.00の成績を残しています。

【スポンサーリンク】

日本経済大、森祐樹選手の特徴

最速145km/hの直球と、ツーシーム、スライダーをあやつる右腕です。

常時セットポジションから右腕をすばやく振り下ろす投球フォームとなっています。

直球を軸にツーシームとスライダーで打たせて取るタイプの投手のようです。

プロ野球選手でいえば、横浜DeNAベイスターズの三嶋投手に近い投球フォームとなっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

下級生のころから実績を積み上げてプロも注目する投手まで成長した投手になります。

4年秋はここまで防御率6.00とやや調子を落としていますが、強豪ひしめく福岡六大学リーグで九州共立大や九州産業大から完投勝利している点も魅力の一つです。

即戦力というよりは素材型のようなので、育成目的でドラフトでは指名する球団があるかもしれませんね。

期待しましょう!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年ドラフト】高知大、道原順也選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする