2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】日本大、長沢吉貴選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、日本大、長沢吉貴選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

日本大、長沢吉貴選手の略歴、出身

出身 栃木県上三川市
身長/体重 172cm/62kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 外野手
出身校 佐野日大(栃木)

 

高校時代は1年夏から2番センターでレギュラーを務めていました。

同学年には現オリックスバファローズの田嶋大樹選手がおり、3年春のセンバツで甲子園に出場しチームの4強進出に貢献しました。

高校時代は主に1、2番打者としてチームを引っ張っていました。

日本大、長沢吉貴選手の実績

日本大進学後は、1年春からライトのレギュラーとしてリーグ戦に出場しています。

基本的に大学でも1、2番を中心に活躍し、自慢の快足を活かして安打を量産していきました。

4年春までに一部二部合計で打率.306、3本塁打、打点30を記録しています。

一部では三塁打4本も記録しています。

16年秋にベストナイン、18年春は二部でMVPに輝いています。

【スポンサーリンク】

日本大、長沢吉貴選手の特徴

俊足巧打のアベレージタイプの打者になります。

打球を広角に飛ばせるバットコントロールもあり、50m5秒7の俊足の持ち主でもあります。

ベースランニングがものすごく早く、普通の打者なら2塁打になる打球を3塁打にすることができます。

大学ではランニングホームランも記録しています。

打撃フォームはピッチャーの投球前はバットを立てて構え、ピッチャーのリリースの瞬間瞬時にトップへ引いてバットをたたきつけるイメージで振り切る打撃フォームです。

プロ野球選手でいえば、横浜DeNAベイスターズの嶺井選手のような打撃フォームです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大学での実績も素材としても申し分ないため、

ドラフトで指名されることがおおいに期待できる選手でしょう。

 

詳しいプロフィールはこちらもどうぞ。

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年東北楽天ドラフト7位】立正大、小郷裕哉選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちら

【スポンサーリンク】