2018ドラフト(高校)

【2018年福岡ソフトバンク育成ドラフト4位】西日本短大付高、中村宜聖選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、福岡ソフトバンク育成ドラフト4位、西日本短大付高、中村宜聖選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

西日本短大付高、中村宜聖選手の略歴、出身

出身 大分県大分市
身長/体重 183cm/87kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 外野手、三塁手
出身校 西日本短大付(福岡)
17年秋実績 福岡大会3回戦(●5-13沖学園)
18年春実績 福岡大会3回戦(●5-9福岡工)
18年夏実績 南福岡大会3回戦(●3-7沖学園)
甲子園実績 なし

西日本短大付高、中村宜聖選手の実績

高校時代は1年秋からベンチ入りしています。

2年夏の大会は、8番センターでスタメン出場し、14打数4安打、打率.286、打点5の成績を残しましたが、チームは4強で敗退しました。

3年夏の大会は、5番レフトでスタメン出場し、8打数1安打、打率.125、打点0の成績を残しましたが、チームは3回戦で敗退しました。

甲子園出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

西日本短大付高、中村宜聖選手の特徴

振り切るスイングが魅力の右の強打者です。

多少詰まっても外野の頭を超えるパワーがあり、50m6秒0の脚力を持ち合わせて守備範囲も広いです。

高校通算15発のホームランを放っており、長打力があり、場外ホームランを放ったことがあるのも特徴です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績はそこそこですが、プロからも評価されている選手のようです。

ドラフトで指名される可能性はなくはないと思われます。

期待しましょう!

 

10/25追記

福岡ソフトバンク育成ドラフト4位で確定しました!!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年福岡ソフトバンク育成ドラフト3位】国士館大、重田倫明選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】