2018ドラフト(高校)

【2018年ドラフト】新田暁高、金子知生選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、新田暁高、金子知生選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

新田暁高、金子知生選手の略歴、出身

出身 群馬県みどり市
身長/体重 178cm/78kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 新田暁高(群馬)
17年秋実績 群馬大会2回戦(●1-2常磐)
18年春実績 群馬大会1回戦(●2-4桐生第一)
18年夏実績 群馬大会3回戦(●1-9前橋育英)
甲子園実績 なし

新田暁高、金子知生選手の実績

高校時代は1年時から投手に転向し、控え投手兼外野手としてベンチ入りしていました。

2年秋からエースを務め、球速も140km/hを超えるボールを投げていました。

3年夏の県大会は3試合で19投球回で12失点ですが、うち9失点は3回戦の前橋育英戦でした。

県大会では桐生第一や前橋育英といった強豪校と序盤で当たってしまい、公式戦での実績は少ないですが、プロからの評価は高いものがあります。

【スポンサーリンク】

新田暁高、金子知生選手の特徴

最速144km/hの直球に、スライダー、カーブ、チェンジアップをあやつる右腕です。

投球フォームは常時セットポジションから重心を下げて素早く腕を振って投げ込むフォームをしています。

キレのある直球とスライダーを中心に奪三振を奪える投手といわれています。

打者としても長打力を秘めており、高校通算で15初の本塁打を放っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

素材としてはいいものを持っており、プロ球団も複数球団が注目している選手ですので、

ドラフトで指名される可能性は高いと思います。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年横浜DeNAドラフト5位】青藍泰斗高、益子京右選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】