2018ドラフト(大学)

【2018年千葉ロッテドラフト2位】日体大、東妻勇輔選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、千葉ロッテドラフト2位、日体大、東妻勇輔選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

日体大、東妻勇輔選手の略歴、出身

出身 和歌山県和歌山市
身長/体重 170cm/83kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 智辯和歌山(和歌山)

 

高校時代は2年秋からリリーフエースとしてチームを引っ張り、3年春のセンバツにも出場しています。

2年秋の大会では、36.1回を投げ、防御率1.98の成績を残しています。

なお、3年春のセンバツではリリーフとして登板し、初戦で明徳義塾に敗れ惜しくも姿を消しました。

日体大、東妻勇輔選手の実績

大学では2年春からリーグ戦に出場しています。

2年時には主にリリーフエースとして活躍し、防御率2.45の成績を残しています。

3年以降は先発に転向し、3年春は防御率1.11、3年秋は防御率1.74、4年春は防御率1.30と安定して好成績を残しています。

3年秋にはノーヒットノーランも記録しています。

4年春までの通算では、12勝、173.1投球回、防御率1.61、奪三振率9.35の成績を残しています。

【スポンサーリンク】

日体大、東妻勇輔選手の特徴

最速155km/hの直球と、スライダー、SFF、カーブ、シュートをあやつる本格派右腕です。

直球で押して、縦横2種類のスライダーとSFFで空振りを奪う奪三振が取れる投手です。

ワインドアップから重心を下げてゆっくりと一旦タメを作って、そこから一気に素早く体全体を使って投げ込んでくるスタイルです。

プロ野球選手でいえば、広島東洋カープの野村投手のような投げ方になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大学での実績は十分で、複数のプロ球団から評価されている選手になります。

ドラフトでは上位指名の可能性が高い投手だと思います。

期待しましょう!

 

10/25追記

千葉ロッテドラフト2位で確定しました!!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年千葉ロッテドラフト1位】大阪桐蔭高、藤原恭大選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちら

【スポンサーリンク】