2018ドラフト(高校)

【2018年ドラフト】オイスカ高、蘇珀漢選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、オイスカ高、蘇珀漢選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

オイスカ高、蘇珀漢選手の略歴、出身

出身 台湾
身長/体重 180cm/88kg
利き投/利き打 左投左打
ポジション 一塁手、外野手
出身校 オイスカ(静岡)
17年秋実績 静岡大会2回戦(●2-7掛川東)
18年春実績 静岡大会1回戦(●1-8浜北西)
18年夏実績 静岡大会1回戦(●3-6浜松湖北)
甲子園実績 なし

オイスカ高、蘇珀漢選手の実績

高校時代は1年からベンチ入りしています。

1年夏の大会はチームは初戦で敗退しましたが、5番ファーストでスタメン出場し、4打数2安打、打率.500、打点1の成績を残しています。

2年夏の大会はチームは2回戦で敗退しましたが、3番、5番ファーストでスタメン出場し、6打数4安打、打率.667の成績を残しています。

3年夏の大会はチームは初戦で敗退しましたが、4番レフトでスタメン出場し、4打数2安打、打率.500、打点1の成績を残しています。

甲子園出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

オイスカ高、蘇珀漢選手の特徴

1年夏から主軸を張る長打が魅力の左の強打者になります。

高校2年の春から夏だけで7本塁打を放ち話題になっています。

高校通算では18発のホームランを放っています。

打撃フォームはバットをやや高く上げて構えてフルスイングするスタイルです。

プロ野球選手でいえば福岡ソフトバンクホークスの柳田選手に近いフォームで、本人も憧れているようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高校自体は無名で、本人も台湾出身ですが、プロが複数球団マークしている逸材になります。

実績は少ないながらも残しているので、指名される可能性は十分あると思います。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】湖西高、水野喬日選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】