2018ドラフト(高校)

【2018年ドラフト】近江高、金城登耶選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、近江高、金城登耶選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

近江高、金城登耶選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 171cm/66kg
利き投/利き打 左投左打
ポジション 投手
出身校 近江高(滋賀)
17年秋実績 滋賀大会優勝(○7-2比叡山)/近畿大会4強(●0-5大阪桐蔭(大阪))
18年春実績 滋賀大会準優勝(●1-5比叡山)
18年夏実績 滋賀大会優勝(○8-4綾羽)
甲子園実績 3年春3回戦(●3-4星稜(石川))、3年夏8強(●2-3金足農(秋田))

近江高、金城登耶選手の実績

高校時代は2年からベンチ入りしています。

2年夏の大会は、先発で1試合、リリーフで1試合に登板し、6投球回、被安打2、無失点の成績を残しています。

チームは惜しくも決勝で敗れ、準優勝に終わりました。

3年春の選抜では、リリーフで2試合に登板し、7.2投球回、被安打9、自責点4の成績を残しています。

3年夏の大会は、先発で1試合、リリーフで3試合に登板し、7投球回、被安打1、無失点の成績を残し、見事甲子園出場を果たしました。

甲子園では、準々決勝で吉田投手を擁する金足農に敗れたものの、リリーフで2試合に登板し、先発で1試合、リリーフで1試合に登板し、2投球回、被安打3、自責点4の成績を残しています。

【スポンサーリンク】

近江高、金城登耶選手の特徴

最速139km/hの直球に、スライダー、チェンジアップをあやつる左腕です。

投球フォームは常時セットポジションから上体をやや傾けながら体全体を使って腕を振り切って投げるスタイルです。

スライダーにはキレがあり奪三振能力も高いのが特徴です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

プロからの評価は聞こえませんが、高校時代の実績としては結果を残していると思います。

素材としてドラフトで指名される可能性があるかもしれません。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】近江高、山田竜明選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】