【2018年ドラフト】大阪市立大、寺田寛輝選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、大阪市立大、寺田寛輝選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

大阪市立大、寺田寛輝選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 175cm/80kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 外野手
出身校 岸和田高(大阪)

高校時代は2年夏からベンチ入りし、代打兼控え投手として出場しました。

3年夏は3番センターでレギュラーを務めていました。

高校3年間ともチームは夏の大会は全て初戦敗退し、甲子園出場はかないませんでした。

大阪市立大、寺田寛輝選手の実績

大学では下級生のころから4番でレギュラーを務めています。

3年春は20安打、3年秋は21安打を放ち注目されるようになりました。

3年春と3年秋はベストナインを獲得し、3年秋はチームもリーグ優勝を果たしています。

ただ4年春はベストナインには選ばれておらずチームも4位に終わりました。

【スポンサーリンク】

大阪市立大、寺田寛輝選手の特徴

3年だけで41安打を放ったヒットメーカーです。

奈良学園大学など強豪揃いの近畿学生野球連盟1部リーグでの実績なので評価は高いと思います。

広角に打ち分けることができますが、長打力にやや欠けていることが課題のようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

3年時に注目を浴びるようになりましたが、4年春に実績を残せなかったため、プロからの評価は聞かれていません。

4年秋の実績次第では指名される可能性はありそうです。

期待しましょう!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年広島カープドラフト2位】九州共立大、島内颯太郎選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする