2018ドラフト(大学)

【2018年中日ドラフト6位】大阪商業大、滝野要選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、中日ドラフト6位、大阪商業大、滝野要選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

大阪商業大、滝野要選手の略歴、出身

出身 三重県松阪市
身長/体重 183cm/72kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 外野手
出身校 大垣日大高(岐阜)

 

高校時代は1年からベンチ入りを果たしていました。

2年になると4番サードでレギュラーを獲得し、夏の甲子園出場を果たしています。

2年夏の甲子園では6番サードで出場し、初戦敗退ながら2安打2盗塁を記録しました。

3年からは再度4番に戻り、夏の予選では打率.550を記録し、2年連続で甲子園に出場しています。

3年夏の甲子園でも2試合で2安打2打点を記録しています。

高校通算15発の本塁打も放っています。

大阪商業大、滝野要選手の実績

大学では1年春からリーグ戦に出場を果たしています。

1年途中から4番を任され、春秋ともに好成績を残してベストナインに選ばれています。

その後も毎年コンスタントに打率3割前後をキープし続け、

4年春までの通算で打率.327、86安打、0本塁打、打点36、盗塁23の成績を残しています。

1年春にベストナイン(DH)、1年秋2年秋3年秋にベストナイン(外野手)、1年秋に新人賞を受賞しています。

【スポンサーリンク】

大阪商業大、滝野要選手の特徴

野球選手として恵まれた体格の持ち主で走攻守三拍子そろった左の巧打者です。

4番を任されていましたが、4年春時点で未だに本塁打はありませんが、通算で二塁打を10本、三塁打を4本放っており、広角に長打もうてる中距離打者のイメージになります。

打撃フォームは構えるときに胸をピッチャー側に向けたオープンスタンスをとり、投球と同時に体をホーム側に巻き込んで回転で鋭いスイングをします。

プロ野球選手でいえば、福岡ソフトバンクホークスの中村晃選手のような打撃フォームとなっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

下級生のころから実績を残し、通算4回もベストナインを獲得している逸材です。

高校時代からプロ球団から注目されていますので、ドラフトで指名される可能性が高いと思います。

期待しましょう!

 

10/25追記

中日ドラフト6位で確定しました!!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年中日ドラフト5位】山梨学院高、垣越建伸選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】