2018ドラフト(大学)

【2018年東北楽天ドラフト2位】大阪商業大、太田光選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、東北楽天ドラフト2位、大阪商業大、太田光選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

大阪商業大、太田光選手の略歴、出身

出身 岡山県倉敷市
身長/体重 175cm/75kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 捕手
出身校 広陵高(広島)

 

高校時代は2年秋から4番キャッチ―でレギュラーを務めていました。

3年になると主将としてチームを牽引し、夏は甲子園出場を果たしました。

なお、甲子園では初戦の三重高戦で延長戦の末サヨナラ負けを喫し敗退しています。

大阪商業大、太田光選手の実績

大学では1年春からベンチ入りを果たし、5番キャッチャーで出場を果たしています。

その後毎年コンスタントに正捕手として結果を残し、チームを6度優勝に導いています。

4年春までの通算で打率.281、80安打、4本塁打、打点48、盗塁5の成績を残しています。

1年秋にMVP、1年秋3年春3年秋4年春にベストナイン、1年春4年春に担当記者クラブ賞を受賞しています。

【スポンサーリンク】

大阪商業大、太田光選手の特徴

キャッチャーとしては1年春から活躍したインサイドワークの持ち主で、6度のリーグ優勝に導いた好リードも光っています。

二塁送球も2秒を切れる強肩を持っています。

打つ方に関しては打率は3割弱であるものの、4本塁打、打点48をあげており、チームの主軸を任されているので、大学球界内では打てる捕手として評価されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

下級生のころから実績を残し、チームを6度のリーグ優勝に導く頭脳の持ち主です。

早い段階から多くのプロ球団から注目されていますので、ドラフトで上位指名される可能性が高いと思います。

期待しましょう!

 

10/25追記

東北楽天ドラフト2位で確定しました!!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年東北楽天ドラフト1位】立命館大、辰巳涼介選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】