2018ドラフト(高校)

【2018年千葉ロッテドラフト1位】大阪桐蔭高、藤原恭大選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、千葉ロッテドラフト1位、大阪桐蔭高、藤原恭大選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

大阪桐蔭高、藤原恭大選手の略歴、出身

出身 兵庫県尼崎市
身長/体重 181cm/78kg
利き投/利き打 左投左打
ポジション 外野手
出身校 大阪桐蔭高(大阪)
17年秋実績 大阪大会優勝(○9-2履正社)/近畿大会優勝(○1-0智弁和歌山(和歌山))
18年春実績 大阪大会優勝(○9-0関大北陽)/近畿大会優勝(○3-1智弁和歌山(和歌山))
18年夏実績 北大阪大会優勝(○23-2大阪学院大高)
甲子園実績 2年春優勝(○8-3履正社(大阪))、2年夏3回戦(●1-2仙台育英(宮城))、3年春優勝(○5-2智弁和歌山(和歌山))、3年夏優勝(○13-2金足農(秋田))

大阪桐蔭高、藤原恭大選手の実績

高校時代は1年夏からベンチ入りしています。

1年夏の大会は、7番センターでスタメン出場し、6打数3安打、打率.500、打点2の成績を残しましたが、チームは3回戦で敗退しました。

2年夏の大会は、1番センターでスタメン出場し、29打数12安打、打率.414、3本塁打、打点8の成績を残し、甲子園出場に貢献しました。

3年夏の大会は、4番センターでスタメン出場し、22打数14安打、打率.636、2本塁打、打点15の成績を残し、2年連続の甲子園出場に貢献しました。

甲子園には2年春から3年夏まで4季連続で出場しており、通算で85打数27安打、打率.318、5本塁打、打点21の成績を残しています。

【スポンサーリンク】

大阪桐蔭高、藤原恭大選手の特徴

広角に長打が打てる左の強打者です。

打撃フォームは一般的なスタンダードなフォームながら球をぎりぎりまで引き付けて打つのがうまく、ヘッドスピードが非常に速いのが特徴です。

50m5秒7の脚力もあり守備範囲も広く、遠投110mの肩力もある走攻守三拍子そろった打者です。

高校通算で32発のホームランを放っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

全国的に知名度も実績も抜群で、プロの評価も非常に高い選手になります。

何球団がドラフト1位指名するか注目が集まっています。

期待しましょう!

 

10/25追記

千葉ロッテドラフト1位で確定しました!!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年千葉ロッテドラフト8位】松山聖陵高、土居豪人選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】