2018ドラフト(高校)

【2018年中日ドラフト1位】大阪桐蔭高、根尾昂選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、中日ドラフト1位、大阪桐蔭高、根尾昂選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

大阪桐蔭高、根尾昂選手の略歴、出身

出身 岐阜県飛騨市
身長/体重 177cm/78kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 投手、遊撃手
出身校 大阪桐蔭高(大阪)
17年秋実績 大阪大会優勝(○9-2履正社)/近畿大会優勝(○1-0智弁和歌山(和歌山))
18年春実績 大阪大会優勝(○9-0関大北陽)/近畿大会優勝(○3-1智弁和歌山(和歌山))
18年夏実績 北大阪大会優勝(○23-2大阪学院大高)
甲子園実績 2年春優勝(○8-3履正社(大阪))、2年夏3回戦(●1-2仙台育英(宮城))、3年春優勝(○5-2智弁和歌山(和歌山))、3年夏優勝(○13-2金足農(秋田))

大阪桐蔭高、根尾昂選手の実績

高校時代は1年秋からベンチ入りしています。

2年夏の大会は、投手としては2試合にリリーフ登板し、5投球回、被安打5、自責点2、野手としては13打数5安打、打率.385、打点5の成績を残し、甲子園出場に貢献しました。

3年夏の大会は、投手としては2試合に先発登板し、17投球回、被安打12、自責点5、野手としては23打数12安打、打率.522、打点7の成績を残し、2年連続の甲子園出場に貢献しました。

甲子園には2年春から3年夏まで4季連続で出場しており、通算で投手としては7試合に登板し(うち先発は4試合)、42投球回、41奪三振、自責点9、防御率1.93、野手としては70打数26安打、打率.371、3本塁打、打点20の成績を残しています。

【スポンサーリンク】

大阪桐蔭高、根尾昂選手の特徴

最速150km/hの直球と、スライダー、カーブ、チェンジアップをあやつる本格派右腕です。

投球フォームはセットポジションからから重心を下げて肘を柔らかく使って投げ込むスタイルです。

まっすぐを中心にスライダーとカーブをうまく組み合わせて投球するのが特徴です。

打者としては広角に強い打球が打てるのが特徴です。

フルスイングしながらもあまり三振しない確実性のある打撃が売りで、高校通算で30発以上のホームランを打つ長打力も兼ね備えています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

全国的に知名度も実績も抜群で、プロの評価も非常に高い選手になります。

何球団がドラフト1位指名するか注目が集まっています。

期待しましょう!

 

10/25追記

中日ドラフト1位で確定しました!!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年中日ドラフト6位】大阪商業大、滝野要選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】