【2018年ドラフト】立正大、石森亨選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、立正大、石森亨選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

立正大、石森亨選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 170cm/68kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 外野手
出身校 浦和学院(埼玉)

高校時代は3年からベンチ入りしており、同期には早大の小島和哉選手がいます。

2年時にチームは春のセンバツで優勝していますが、3年夏は県大会で予選敗退しています。

石森選手自身の甲子園出場はありません。

立正大、石森亨選手の実績

立正大進学後は、なかなかベンチ入りすることができず、4年春にようやくベンチ入りをつかみました。

ただ、スタメンではなく基本的に足を活かして代走での出場が多いです。

【スポンサーリンク】

立正大、石森亨選手の特徴

情報が少ないので詳しくは不明ですが、代走が多いことより足のスペシャリストとしてチームでは重宝されているようです。

リーグ戦では盗塁も決めています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大学での実績があまりにも少ないのでドラフトで指名される可能性は低いと思います。

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年ドラフト】立正大、池田瞳夢選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちら

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする