【2018年横浜DeNAドラフト2位】立正大、伊藤裕季也選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、横浜DeNAドラフト2位、立正大、伊藤裕季也選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

立正大、伊藤裕季也選手の略歴、出身

出身 三重県四日市市
身長/体重 181cm/90kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 一塁手・二塁手
出身校 日大三(西東京)

高校時代は2年秋からベンチ入りしています。

3年夏はレフトでレギュラーでしたが、甲子園出場はかないませんでした。

なお、伊藤選手は打率.533、1本塁打、打点5の好成績を残しています。

立正大、伊藤裕季也選手の実績

立正大進学後は、2年春から一塁手でレギュラーとなりました。

下級生のころは主に6番を、その後5番を経て、3年春から4番を務めています。

二部リーグのころから強打者として成績を残しており、3年春は打率.343、1本塁打、打点9でMVPに輝いています。

一部リーグ昇格後も成績を残し続けており、4年春は打率.310、2本塁打、打点5の好成績を残しました。

一部だけの通算2季で打率.295、4本塁打、打点10を残しています。

【スポンサーリンク】

立正大、伊藤裕季也選手の特徴

恵まれた体格で一目で長打が打てるとわかるような体格をしています。

4番打者だけあり、本塁打を打てるのも魅力の一つですが、50m6秒2と脚力もあるのも特徴です。

4年春からは二塁手も務めて自身の幅を広げています。

打撃フォームはゆったりとした落ち着いたスタンダードな構えから鋭いスイングで力強く振り切るのが持ち味です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大学での実績は申し分なく、大学日本代表にも選ばれている逸材になります。

一塁と二塁の複数守れること、高校時代は外野手を経験していることからプロでも練習次第ではいろんなポジションを守れるポテンシャルを秘めています。

ドラフトで指名されることがおおいに期待できる選手でしょう。

10/25追記

横浜DeNAドラフト2位で確定しました!!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年横浜DeNAドラフト1位】東洋大、上茶谷大河選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちら

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする