【2018年東北楽天ドラフト7位】立正大、小郷裕哉選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、東北楽天ドラフト7位、立正大、小郷裕哉選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

立正大、小郷裕哉選手の略歴、出身

出身 岡山県倉敷市
身長/体重 176cm/74kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 外野手
出身校 関西(岡山)

高校時代は1年春からベンチ入りしています。

1年秋には神宮大会に出場し、打率.419、1本塁打、打点20で準優勝に貢献しました。(優勝は仙台育英)

甲子園は2年時に春のセンバツ、3年時に夏の甲子園を経験しています。

3年からは4番を務め、夏の県大会では打率.474を記録しました。

高校通算28発の本塁打をはなって当時からプロ注目でしたが、当時は指名漏れを経験しています。

立正大、小郷裕哉選手の実績

立正大進学後は、2年秋からリーグ戦に出場しています。

3年春から1番ライトでレギュラーをつかみ、以降は不動のレギュラーとなりました。

3年秋には打率.347、2本塁打、打点8でベストナインを獲得しています。

4年春までの一部での通算は打率.315、3本塁打、打点10を記録しています。

【スポンサーリンク】

立正大、小郷裕哉選手の特徴

俊足巧打のアベレージタイプの打者になります。

打球を広角に飛ばせるバットコントロールもあり、50m5秒8の俊足の持ち主でもあります。

打撃フォームは一般的なスタンダードなフォームから最短距離で鋭くバットを振り切ってきます。

プロ野球選手でいえば、元阪神タイガースの桧山選手のような打撃フォームです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大学での実績も素材としても申し分ないため、

ドラフトで指名されることがおおいに期待できる選手でしょう。

10/25追記

東北楽天ドラフト7位で確定しました!!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年東北楽天ドラフト6位】明治大、渡辺佳明選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちら

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする