2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】龍谷大、堀口裕真選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、龍谷大、堀口裕真選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

龍谷大、堀口裕真選手の略歴、出身

出身 滋賀県長浜市
身長/体重 170cm/65kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 外野手
出身校 近江高(滋賀)

 

高校時代は2年からベンチ入りしています。

3年夏の大会は、1番センターでレギュラーを務め、打率.611という好成績を残し、チームを甲子園に導きました。

甲子園では2試合戦い、7打数3安打、打率.429、打点2を記録しています。

同級生に現阪神タイガースの植田海選手がいます。

龍谷大、堀口裕真選手の実績

大学は2年春からリーグ戦に出場しています。

2年春は1番センターでスタメン出場し、打率.447で首位打者、ベストナイン、平古場賞を受賞しています。

2年秋は3番を担い、打率.348でベストナインを受賞しています。

4年春までの通算で打率.335、55安打、盗塁22の成績を残しています。

【スポンサーリンク】

龍谷大、堀口裕真選手の特徴

野球選手としては小柄ですが、50m5秒台の脚力が最大の武器です。

大学通算22盗塁を決めています。

打つほうでもリードオフマンとしてヒットを量産し、通算打率は3割を余裕で超えています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績はそれなりにありますが、3年秋、4年春と打率が3割を切ってしまっているので、そこをどう評価されているかがポイントかと思います。

2年から3年春にかけての実績の評価が落ちていなければドラフトで指名される可能性があるかもしれません。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】順天堂大、萩原拓光選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】