2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】龍谷大、大浦彬選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、龍谷大、大浦彬選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

龍谷大、大浦彬選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 178cm/95kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手、内野手
出身校 大阪桐蔭高(大阪)

 

高校時代は3年から背番号17でベンチ入りしています。

3年夏の大会は、現埼玉西武ライオンズの森選手を中心に大阪大会を制して、甲子園も制しましたが、大浦選手は予選を通じて登板機会はありませんでした。

龍谷大、大浦彬選手の実績

大学は主にリリーフとして登板しています。

4年春は3試合に登板し、5投球回、自責点2の成績を残しています。

12試合中の3試合にしか登板できていないので、チーム内での優先度は高くないようです。

ベストナイン等の受賞経験はありません。

【スポンサーリンク】

龍谷大、大浦彬選手の特徴

野球選手として大柄な体格をしています。

投球フォームはセットポジションから重心を下げて力強く腕を振るスタイルのようです。

最速や持ち球の変化球は不明です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績はあまりなく、プロからの評価も聞こえてこない選手です。

ドラフトで指名される可能性は低いと思われます。

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】龍谷大、堀口裕真選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】