2018ドラフト(高校)

【2018年ドラフト】鯖江高、坂本竜三郎選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、鯖江高、坂本竜三郎選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

鯖江高、坂本竜三郎選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 178cm/78kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 捕手
出身校 鯖江(福井)
17年秋実績 福井大会1回戦(●3-8敦賀)
18年春実績 福井大会2回戦(●1-8坂井)
18年夏実績 福井大会2回戦(●7-8敦賀)
甲子園実績 なし

鯖江高、坂本竜三郎選手の実績

高校時代は2年からベンチ入りしています。

2年夏の大会は4番キャッチャーでレギュラー出場し、3打数2安打、打率.667、打点2の成績を残しましたが、チームは初戦敗退しています。

3年夏の大会も4番キャッチャーで2試合にレギュラーとして出場し、7打数5安打、打率.714、打点3のと脅威の成績を残しましたが、チームは2回戦で敗れています。

【スポンサーリンク】

鯖江高、坂本竜三郎選手の特徴

長打力が魅力の右の強打者です。

打撃フォームはどっしりと体重をやや落として構え、球をぎりぎりまで引き付けて打つことで球に力が伝わり長打を打ちやすいように工夫しているのが見受けられます。

3年夏の福井大会では1回戦で2打席連続ホームランを放つなど活躍しました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

プロがマークしているという評価は聞こえてきませんが、2年から4番に座り、2年、3年ともに少ない打席ながら脅威の成績を残しています。

水面下で調査している球団があれば、指名される可能性は少なからずあると思います。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】開志学園高、岩淵夏夢選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】