2018ドラフト(高校)

【2018年横浜DeNAドラフト5位】青藍泰斗高、益子京右選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、横浜DeNAドラフト5位、青藍泰斗高、益子京右選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

青藍泰斗高、益子京右選手の略歴、出身

出身 栃木県宇都宮市
身長/体重 175cm/75kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 捕手
出身校 青藍泰斗高(茨城)
17年秋実績 栃木大会4強(●2-4国学院栃木)
18年春実績 栃木大会準優勝(●4-6作新学院)
18年夏実績 栃木大会4強(●0-7白鴎大足利)
甲子園実績 なし

青藍泰斗高、益子京右選手の実績

高校時代は1年秋から正捕手としてレギュラーを務めていました。

当時のエース石川翔(現中日)とともに県4強まで進んでいます。

2年夏は4番サードで出場しましたが、2年秋から主将になると再びキャッチャーに戻っています。

3年夏の県大会は打率.158と打つ方は振るいませんでしたが、4番主将の重責を務めあげてプロからも評価されています。

【スポンサーリンク】

青藍泰斗高、益子京右選手の特徴

逆方向にも強い打球が打てる右の強打者です。

高校通算で23発の本塁打を放っています。

2塁到達最速1秒72の強肩が最大の魅力で送球も安定しています。

ただ強いボールを投げれるだけではなく、足の運びやボールの握り替え、打球への反応もすばやいです。

打撃は不安定な一面がありますが、はまれば長打も打てます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

現段階では守備面の方が高く評価されている選手になります。

プロ球団も複数の球団が注目している選手ですので、捕手を強化したい球団にドラフトで指名される可能性は高いと思います。

期待しましょう!

 

10/25追記

横浜DeNAドラフト5位で確定しました!!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年横浜DeNAドラフト4位】日大鶴ケ丘高、勝又温史選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】