2018ドラフト(高校)

【2018年ドラフト】瀬戸内高、新保利於選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、瀬戸内高、新保利於選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

瀬戸内高、新保利於選手の略歴、出身

出身 大阪府藤井寺市
身長/体重 178cm/68kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 遊撃手
出身校 瀬戸内(広島)
17年秋実績 広島大会3位(〇4-1尾道)/中国大会4強(●4-7おかやま山陽(岡山))
18年春実績 広島大会2回戦(●1-3呉)
18年夏実績 広島大会4回戦(●4-9尾道)
甲子園実績 3年春1回戦(●3-4明秀日立(茨城))

瀬戸内高、新保利於選手の実績

高校時代は2年夏からベンチ入りしています。

2年夏の大会は、8番、9番ショートでスタメン出場し、9打数3安打、打率.333、打点1の成績を残しましたが、チームは4回戦で尾道に敗れて敗退しました。

3年夏の大会は、キャプテンとして1番、3番ショートでスタメン出場し、21打数10安打、打率.476、打点5の成績を残しましたが、チームは4回戦で尾道に敗れて敗退しました。

甲子園には3年春の選抜に出場し、5打数2安打、打率.400、打点1の成績を残しています。

【スポンサーリンク】

瀬戸内高、新保利於選手の特徴

広角に鋭い打球を打てる左の巧打者タイプです。

チームでは下位打線かリードオフマンの位置づけで活躍し、50m6秒7の脚力で守備範囲も広く守れます。

打撃フォームは体をややピッチャー寄りに傾けて球を呼び込み、たたきつけるようなスイングで振り切るスタイルです。

肩力もあり、ショートの深い守備位置からアウトにできるのも特徴です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績は十分で、複数のプロからの高い評価を得ている選手になります。

ドラフトで指名される可能性は十分あると思われます。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】関西高、糸賀海翔選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】