2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】至学館大、井村勇介選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、至学館大、井村勇介選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

至学館大、井村勇介選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 172cm/67kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 高蔵寺高(愛知)

 

高校時代は2年からベンチ入りしています。

2年夏の大会は、エースであり、サード、セカンドのレギュラーとして2番を打ち、

投手としては、2試合に投げ、12.1投球回、失点3、

打者としては、8打数2安打、打率.250、打点1の成績を残し、チームは3回戦まで進みました。

3年夏の大会でも、エース兼ショートとして全6試合に2番及び5番打者として出場し、

打者としては23打数13安打、打率.565、打点9、

投手としては5試合に登板(うち先発は3試合)し、31投球回、失点9の成績を残し、チームを8強に導きました。

甲子園出場経験はありません。

至学館大、井村勇介選手の実績

至学館大は愛知大学野球連盟二部に所属しています。

井村選手は入学直後から投手一本でエースとして出場しています。

4年春は9試合に登板(うち2試合はリリーフ)し、60.1投球回、自責点13、完投5試合(うち完封1試合)の成績を残しています。

4年秋は10/5現在5試合に登板(うち1試合はリリーフ)し、36投球回、自責点10、完投4試合(うち完封2試合)の成績を残しています。

【スポンサーリンク】

至学館大、井村勇介選手の特徴

最速143km/hの直球と、スライダー、チェンジアップをあやつるやや横手投げのスリークウォーター右腕です。

セットポジションから極端にテイクバックを小さく素早く投げ込んでくる独特の投球フォームとなっています。

このフォームによりリリース直前のトップを素早く作ることが可能になっています。

プロ野球選手でいえば、元中日ドラゴンズの八木選手に近いフォームです。

基本的には真っ直ぐを押しつつ、スライダーやチェンジアップで打たせて取る投手のようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大学は二部リーグながら完投も完封も多く、素材としては申し分ない実績を残していますが、プロからの評価はあまり聞こえていないのが不思議な投手です。

水面下でプロが見ているのであれば、ドラフトで指名される可能性は十分あると思います。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】長崎国際大、西島篤選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】