2018ドラフト(高校)

【2018年ドラフト】下関国際高、鶴田克樹選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、下関国際高、鶴田克樹選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

下関国際高、鶴田克樹選手の略歴、出身

出身 福岡県北九州市
身長/体重 180cm/93kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 下関国際(山口)
17年秋実績 山口大会優勝(●8-6高川学園)/中国大会準優勝(●11-12おかやま山陽(岡山))
18年春実績 山口大会準優勝(●5-9宇部工)/中国大会準優勝(●2-8広島新庄(広島))
18年夏実績 山口大会優勝(●5-0宇部鴻城)
甲子園実績 2年夏2回戦(●4-8三本松(香川))、3年春2回戦(●1-3創成館(長崎))、3年夏8強(●2-3日大三(西東京))

下関国際高、鶴田克樹選手の実績

高校時代は2年夏からベンチ入りしています。

2年夏の大会は、4番でエース兼ファーストとしてスタメン出場し、打者としては22打数10安打、打率.455、打点6、投手としては14投球回、自責点6の成績を残し、チームも甲子園出場を果たしました。

3年夏の大会は、4番でエース兼ファーストとしてスタメン出場し、打者としては21打数11安打、打率.524、2本塁打、打点13、投手としては33投球回、被安打19、自責点5、防御率1.36の成績を残し、チームは2年連続で甲子園出場を果たしました。

甲子園には春1回、夏2回出場しており、投手として通算で5試合に投げ、3勝、44投球回、被安打38、自責点11、防御率2.25の成績を残しています。

【スポンサーリンク】

下関国際高、鶴田克樹選手の特徴

最速147km/hの直球に、スライダー、カーブ、フォーク、ツーシームをあやつる大型本格派右腕です。

投球フォームはノーワインドアップから左足を上げて二塁側に少し体をねじって一旦タメを作ってから腕を思い切り振るスタイルです。

制球も安定しており、威力のあるまっすぐと変化球をまんべんなく織り交ぜてどちらかといえば打たせて取る投球を持ち味としています。

プロでは投手一本でやっていきたいようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績は十分で、夏の甲子園でも活躍して有名になった選手になります。

ドラフトで指名される可能性は十分あると思われます。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年福岡ソフトバンクドラフト5位】石見智翠館高、水谷瞬選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】