【2018年ドラフト】静岡産業大、鈴木彩隼選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、静岡産業大、鈴木彩隼選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

静岡産業大、鈴木彩隼選手の略歴、出身

出身 静岡県浜松市
身長/体重 180cm/78kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 浜北西(静岡)

高校時代は二塁手からスタートし、1年秋から投手を始めています。

2年秋からエースを務めましたが、3年夏までいずれも早い段階で敗退し、

甲子園出場はかないませんでした。

静岡産業大、鈴木彩隼選手の実績

大学では1年春からリーグ戦に出場し、2年春からエースを務め、2年春は完全試合も達成し、3勝、防御率0.24という驚異の成績を残しています。

4年春までの通算では、11勝、125.2投球回、防御率0.64の成績を残しています。

2年から4年まで毎年安定した成績を残し、3年春に自己最速の147km/hを計測、4年春には奪三振率12.67の成績を残し、プロの注目を浴びています。

16年春に特別賞、17年春ベストナインを獲得しています。

【スポンサーリンク】

静岡産業大、鈴木彩隼選手の特徴

最速147km/hの直球と、スライダー、カットボール、ナックルカーブをあやつるスリークオーター右腕です。

威力のある直球とスライダー、カットボールのコンビネーションで抑えていく投手で制球面も安定しています。

ワインドアップから投げ込むスタイルで、足を上げる際にあまりタメを作らずにすぐに投げ込む投球フォームになっています。

なお、兄は中日ドラゴンズの鈴木翔太選手です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大学での実績は十分で、複数のプロ球団から評価されている選手になります。

ドラフトでは指名される可能性が高い投手だと思います。

期待しましょう!

詳しいプロフィールはこちらもどうぞ。

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年ドラフト】中京大、池田鏡介選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちら

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする