【2018年広島カープ育成ドラフト1位】静岡産業大、大盛穂選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、広島カープ育成ドラフト1位、静岡産業大、大盛穂選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

静岡産業大、大盛穂選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 174cm/79kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 外野手
出身校 飛龍高(静岡)

高校時代は2年からベンチ入りしています。

2年夏の大会は、現中日ドラゴンズの鈴木翔太選手擁する聖隷クリストファー高校に3-6で敗れ初戦敗退でしたが、この試合大盛選手は代走で出場しています。

3年夏の大会は、3回戦敗退でしたが3試合とも3番ライトでレギュラーを務め、10打数2安打、打率.200、打点1の成績を残しています。

甲子園出場経験はありません。

静岡産業大、大盛穂選手の実績

大学では下級生のことから主に1番センターでレギュラーを務めているようです。

2年春にリーグMVPを獲得し、4年春には首位打者に輝いています。

【スポンサーリンク】

静岡産業大、大盛穂選手の特徴

打撃フォームはどっしりと低く構えてバットは縦に立てて体から話して構えています。

ピッチャーの投球リリースと同時にバットを素早くトップの位置に持っていき振り切るスイングが持ち味です。

プロ野球選手でいえば、埼玉西武ライオンズの森友哉選手に近い打撃フォームとなっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

情報が少ないですが、実績も十分残していると思います。

プロ注目といううわさは聞きませんが、水面下でスカウトが見ているのであれば、ドラフトで指名される可能性も十分あると思います。

期待しましょう!

10/25追記

広島カープ育成ドラフト1位で確定しました!!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年広島カープドラフト7位】神村学園高、羽月隆太郎選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする