2018ドラフト(高校)

【2018年ドラフト】秀岳館高、上原敦己選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、秀岳館高、上原敦己選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

秀岳館高、上原敦己選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 180cm/63kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 捕手、三塁手
出身校 秀岳館(熊本)
17年秋実績 熊本大会4強(●10-11九州学院)
18年春実績 熊本大会4強(●4-11文徳)
18年夏実績 熊本大会3回戦(●3-10熊本工)
甲子園実績 2年夏2回戦(●1-6広陵(広島))

秀岳館高、上原敦己選手の実績

高校時代は2年からベンチ入りしています。

2年夏の大会は、控えとして1試合代走で出場しましたが、打撃機会はありませんでした。

チームは甲子園に出場しましたが、上原選手に出番はありませんでした。

3年夏の大会は、2試合にサードでスタメン出場し、5打数2安打、打率.400の成績を残しましたが、チームは3回戦で敗退しました。

【スポンサーリンク】

秀岳館高、上原敦己選手の特徴

恵まれた体格の右の強打者です。

打撃フォームは重心を落としてどっしりとスタンダードに構えて、ボールを呼び込んでフルスイングします。

プロ野球選手でいえば、読売ジャイアンツの岡本選手のような打撃フォームとなっています。

ホームランも打つことができ、長打力も魅力があるのが特徴です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績はそこそこですが、素材としては面白い存在かと思います。

水面下で動いている球団があれば、ドラフトで指名される可能性はなくはないと思われます。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年阪神ドラフト5位】創成館高、川原陸選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】