2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】創価大、松村誠矢選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、創価大、松村誠矢選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

創価大、松村誠矢選手の略歴、出身

出身 兵庫県
身長/体重 180cm/70kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 外野手
出身校 日本航空高(山梨)

 

高校時代は3年からベンチ入りしています。

3年夏の大会は、1番センターでスタメン出場し、22打数10安打、打率.455、打点3の成績を残しています。

チームは県大会決勝で東海大甲府に敗れ準優勝に終わり、あと一歩のところで甲子園出場を逃しました。

創価大、松村誠矢選手の実績

創価大は東京新大学野球連盟一部に所属しており、常に優勝争いをしています。

2018年春は優勝し、全日本選手権に出場しています。(全日本選手権は初戦敗退)

松村選手はチームの主将を務めています。

3年秋は33打数8安打、打率.242の成績が残っており、2年秋と3年春にはベストナインに選出されています。

【スポンサーリンク】

創価大、松村誠矢選手の特徴

恵まれた体格から鋭いスイングが魅力の巧打者タイプです。

打撃フォームは一般的なフォームでスタンスは少しだけ広めにとり、トップの位置を高くとってボールを引き付けて打つタイプのようです。

プロ野球選手でいえば、阪神タイガースの鳥谷選手に近い打撃フォームとなっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

4年の実績は不明ですが、強豪ひしめく東京新大学野球連盟一部で2回のベストナインを獲得するなど実績はそれなりにあるようです。

水面下で動いている球団があれば、ドラフトで指名される可能性は少しはあるかもしれません。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】平成国際大、原田元気選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】