2018ドラフト(高校)

【2018年ドラフト】創志学園高、中山瞬選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、創志学園高、中山瞬選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

創志学園高、中山瞬選手の略歴、出身

出身 鳥取県鳥取市
身長/体重 180cm/82kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手、遊撃手、外野手
出身校 創志学園高(岡山)
17年秋実績 岡山大会3位決定戦(●7-10おかやま山陽)
18年春実績 岡山大会4強(●1-5関西)
18年夏実績 岡山大会優勝(○10-2岡山学芸館)
甲子園実績 2年春1回戦(●3-6福岡大大濠(福岡))、3年夏2回戦(●4-5下関国際(山口))

創志学園高、中山瞬選手の実績

高校時代は1年秋からベンチ入りしています。

2年夏の大会は、5番、6番ピッチャー兼ショートとしてスタメン出場し、投手としては2試合に登板し(うち先発は1試合)、6投球回、被安打6、自責点3、打者としては21打数5安打、打率.238、打点5の成績を残しましたが、チームは延長再試合の末、おかやま山陽に敗れ、甲子園出場はなりませんでした。

3年夏の大会は、3番、6番レフトでスタメン出場し、17打数6安打、打率.353、2本塁打、打点6の成績を残し、チームも甲子園出場を果たしました。

甲子園には春夏1度ずつ出場しており、通算で12打数5安打、打率.417、打点0の成績を残しています。

【スポンサーリンク】

創志学園高、中山瞬選手の特徴

振り切るスイングが持ち味のリストの強い右の強打者です。

打撃フォームはオープンスタンス気味に構え、来た球を最短距離でコンパクトに振り切るスイングをしています。

多少タイミングがずれても振り切っている分、内野や外野の頭を超える打球が打てるのが特徴です。

2年時には投手もしており、最速148km/hの直球に、スライダー、フォークをあやつる本格派右腕としても活躍しました。

3年時には甲子園でも話題になった西投手がエースとなり、登板機会はありませんでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績は十分ですが、プロからの評価はあまり聞こえてこない選手になります。

水面下で動いている球団があれば、野手としてドラフトで指名される可能性は十分あると思われます。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年広島カープドラフト1位】報徳学園高、小園海斗選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】