2018ドラフト(高校)

【2018年ドラフト】駿台甲府高、荘司宏太選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、駿台甲府高、荘司宏太選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

駿台甲府高、荘司宏太選手の略歴、出身

出身 東京都八王子市
身長/体重 170cm/76kg
利き投/利き打 左投右打
ポジション 投手
出身校 駿台甲府高(山梨)
17年秋実績 山梨大会4強(●3-4東海大甲府)
18年春実績 山梨大会4強(●2-4東海大甲府)
18年夏実績 山梨大会2回戦(●1-2甲府工)
甲子園実績 なし

駿台甲府高、荘司宏太選手の実績

高校時代は1年から控えとしてベンチ入りしています。

2年夏は主にリリーフとして10.2投球回で15奪三振、失点1の好成績を残しています。

2年秋からはエースを務め、チームを県4強に導きました。

3年夏は2回戦敗退ながら自己最速を145km/hに更新し、14奪三振を記録しました。

甲子園出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

駿台甲府高、荘司宏太選手の特徴

最速145km/hの直球と、スライダー、カーブ、フォークをあやつる左腕です。

常時セットポジションから右足をゆっくり上げつつ、上げきったところで素早く上から腕を投げ下ろしてくる投球フォームとなっています。

真っ直ぐは常時140km/h前後を記録し、変化球を織り交ぜながら投球回以上の奪三振が奪えるのが特徴です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

素材としてはいいものを持っており、プロも複数球団が注目していると言われている選手ですので、

ドラフトで指名される可能性はあると思います。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】桶川西高、松岡洸希選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】