【2018年ドラフト】高千穂大、今祐也選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、高千穂大、今祐也選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

高千穂大、今祐也選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 177cm/84kg
利き投/利き打 左投左打
ポジション 投手
出身校 聖光学院高(福島)

高校時代は2年からベンチ入りしています。

2年夏の大会は、4試合に登板し(うち先発は1試合)、16.2投球回、被安打8、自責点2の成績を残し、甲子園出場を果たしました。

甲子園では1試合にリリーフし、3投球回、被安打2、自責点0の成績を残しましたが、チームは2回戦で敗退しました。

3年夏の大会は、チームは甲子園出場を果たしましたものの、今選手は出場記録がないためベンチ外だったようです。

高千穂大、今祐也選手の実績

高千穂大は東京新大学野球連盟二部に所属しています。

チームは二部で上位争いをしており、2018年度は春に優勝で3季連続の優勝、秋も10/15現在1位に位置しています。

今選手は先発投手を任されており、2018年秋は2試合に登板し、1勝1敗の成績を残しています。

【スポンサーリンク】

高千穂大、今祐也選手の特徴

最速は不明ですが、持ち球の変化球にフォークを持っているようです。

高校時代は内角を突くストレートとフォークで打たせてとるピッチングが特徴だったようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

情報が少ないですが、大学では二部ながら実績をそこそこ積んでいると思われる選手になります。

水面下で動いている球団があれば、ドラフトで指名される可能性はなくはないと思います。

期待しましょう!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年ドラフト】板野高、安芸龍馬選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする