2018ドラフト(高校)

【2018年ドラフト】高朋高、佐々木愛輝選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、高朋高、佐々木愛輝選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

高朋高、佐々木愛輝選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 不明cm/不明kg
利き投/利き打 不明
ポジション 外野手
出身校 高朋高(富山)
17年秋実績 富山大会3回戦(●2-5富山国際大付)
18年春実績 富山大会2回戦(●0-7不二越工)
18年夏実績 富山大会2回戦(●5-7不二越工)
甲子園実績 なし

高朋高、佐々木愛輝選手の実績

高校時代は2年からベンチ入りしています。

2年夏の大会は、6番ライトでレギュラーを務め、18打数5安打、打率.278、打点3の成績を残しています。

チームは決勝まで行きましたがあと一歩甲子園には届きませんでした。

3年夏の大会は、3番センターでレギュラーを務め、4打数2安打、打率.500、打点0の成績を残しましたが、チームは初戦で敗退しています。

甲子園の出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

高朋高、佐々木愛輝選手の特徴

打撃フォームなど詳しい特徴は不明です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

2年夏に実績を残していますが、プロからの評価は入ってきていない選手になります。

水面下で動いている球団がいなければ、指名する球団はないかもしれません。

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】中越高、坂井翔太選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】