2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】拓殖大、松本凌太選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、拓殖大、松本凌太選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

拓殖大、松本凌太選手の略歴、出身

出身 大阪府堺市
身長/体重 176cm/78kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 遊撃手
出身校 帝京第五(愛媛)

 

高校時代は1年夏から1番ショートでレギュラーを務めていました。

主に1番、4番、5番打者としてチームを引っ張っていました。

3年春の県大会では打率.652を残しプロ注目となっていました。

3年夏の県大会でも打率.429を残しましたが、プロ志望届を提出せずに大学進学を選択しました。

甲子園出場はありませんでした。

拓殖大、松本凌太選手の実績

大学進学後は、1年秋からリーグ戦に出場しています。

しかしながらレギュラーで出場したのは2年秋のみで、打率.293、打点3を記録しています。

2年秋以外は控えに回り、3年秋以降公式戦出場はありません。

【スポンサーリンク】

拓殖大、松本凌太選手の特徴

俊足巧打タイプながら高校通算38発のパンチ力も魅力の打者になります。

50m5秒6の俊足の持ち主でもあります。

ただし、大学では本塁打を記録できていないことから打撃フォームを崩して伸び悩んでいることが予想されます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高校時代は素材としても申し分ありませんでしたが、大学で伸び悩んで出場機会を減らしているため

ドラフトで指名されることは難しい可能性があります。

素材を重視する球団であれば指名される可能性が残る選手でしょう。

 

詳しいプロフィールはこちらもどうぞ。

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】日本大、長沢吉貴選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちら

【スポンサーリンク】