【2018年ドラフト】拓殖大、蔡鉦宇(さいせいう)選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、拓殖大、蔡鉦宇(さいせいう)選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

拓殖大、蔡鉦宇(さいせいう)選手の略歴、出身

出身 台湾
身長/体重 173cm/71kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 一塁手
出身校 八戸学院光星高(青森)

高校時代は3年春に甲子園を経験しています。

初戦の横浜高戦では5番一塁としてスタメン出場して5打数3安打1打点と活躍し、9-5で勝利に貢献しました。

しかしながら続く龍谷大平安戦は同じく5番一塁としてスタメン出場しましたが、3打数0安打に終わり、チームも2-8で敗戦しました。

なお、チームは夏も甲子園に出場しましたが、蔡選手自身は高野連の規定により、出場することができませんでした。

このときはボールボーイを担当していました。

拓殖大、蔡鉦宇(さいせいう)選手の実績

詳しい情報が少ないですが、拓殖大では主に指名打者か一塁手で出場しているようです。

スタメン出場が少ないのか、リーグの打撃成績上位には名前はありませんでした。

【スポンサーリンク】

拓殖大、蔡鉦宇(さいせいう)選手の特徴

野球選手としては小柄ですが、高校時代は5番を任されていたことから巧打タイプのようです。

高校時代にクリーンアップを打っており、実力は十分でしたが大学で伸び悩んでいる印象です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

強豪八戸学院光星高でクリーンアップで甲子園を経験していることからセンスはあるようですが、大学では伸び悩んでいるようです。

現時点ではドラフトで指名される可能性は低いと思われますが、期待しましょう!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年ドラフト】明治大、佐野悠太選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちら

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする