【2018年オリックスドラフト1位】天理高、太田椋選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、オリックスドラフト1位、天理高、太田椋選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

天理高、太田椋選手の略歴、出身

出身 大阪府羽曳野市
身長/体重 181cm/76kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 遊撃手
出身校 天理高(奈良)
17年秋実績 奈良大会3位決定戦(●7-13法隆寺国際)
18年春実績 奈良大会4強(●0-10智弁学園)
18年夏実績 奈良大会準優勝(●9-10奈良大付)
甲子園実績 2年夏4強(●9-12広陵(広島))

天理高、太田椋選手の実績

高校時代は1年からベンチ入りしています。

1年夏の大会は、5番ショートでスタメン出場し、16打数5安打、打率.313、打点6の成績を残しましたが、チームは決勝で敗れ、惜しくも甲子園出場とはなりませんでした。

2年夏の大会は、3番ショートでスタメン出場し、15打数6安打、打率.400、打点4の成績を残し、甲子園出場を果たしました。

甲子園では4強で敗退したものの、4試合に出場し、16打数4安打、打率.250、打点2の成績を残しています。

3年夏の大会は、3番ショートでスタメン出場し、21打数7安打、打率.333、2本塁打、打点8の成績を残しましたが、チームは決勝で敗れ、2年連続の甲子園とはなりませんでした。

【スポンサーリンク】

天理高、太田椋選手の特徴

恵まれた体格の持ち主で、軽打も長打も打てる右の強打者です。

打撃フォームは一般的なスタンダードなフォームでやや重心を深く取り、球をぎりぎりまで呼び込んでから素早いヘッドスピードで腰の回転で打つスタイルです。

打球を広角に打ち分けることができ、高校通算で31発のホームランを記録しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

強豪天理高において1年からレギュラーを務めるなど、高校時代の実績としては十分でプロからの評価もとても高い選手になります。

ドラフトでは上位指名される可能性が高いと思います。

期待しましょう!

10/25追記

オリックスドラフト1位で確定しました!!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年オリックス育成ドラフト1位】新潟医療福祉大、漆原大晟選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする