【2018年ドラフト】天理大、田中秀政選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、天理大、田中秀政選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

天理大、田中秀政選手の略歴、出身

出身 滋賀県
身長/体重 175cm/80kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 捕手、一塁手
出身校 明徳義塾高(高知)

高校時代は2年からベンチ入りを果たしていました。

主に代打要因として重宝され、3年夏の甲子園では智弁学園(奈良)戦で3ランホームランを放つなど、実績を残しました。

天理大、田中秀政選手の実績

大学では1年秋からリーグ戦に出場を果たしています。

4番を任され、一塁手として1年秋のベストナインに輝きました。

2年で少し調子を落としたものの、3年秋に首位打者とベストナイン、4年春では特別賞とベストナインを獲得しています。

4年春には2018年5月11日に打点18でリーグ新記録を樹立し、2018年9月9日時点で大学通算安打数を98としており、100安打超えは確実となっています。

【スポンサーリンク】

天理大、田中秀政選手の特徴

野球選手として恵まれた体格の持ち主でバットコントロールも備えた右の強打者です。

高校時代からパンチ力もあり、大学通算安打が100近い巧打者でもあります。

打撃フォームは構える際にはバットをかなり高くあげて、ピッチャーが投球モーションに入った際に一気に重心を下げてトップに入って力をためて、最短距離でボールをとらえることで、力を無駄なくボールに伝えて鋭い打球を打てるように工夫しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高校時代は代打の神様の扱いでしたが、大学では早い段階から4番打者として花開いた強打者になります。

プロ注目の評価は聞きませんが、素材としては面白いのでドラフトで指名される可能性はあると思います。

期待しましょう!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年中日ドラフト6位】大阪商業大、滝野要選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする