【2018年ドラフト】東海大北海道、有間裕亮選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、東海大北海道、有間裕亮選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

東海大北海道、有間裕亮選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 178cm/86kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 外野手
出身校 前橋工(群馬)

高校時代は3年夏からベンチ入りし、5番と6番ライトでレギュラーとして出場しました。

3年夏は12打数2安打、打率.167、打点6の成績を残しています。

チームは県4強が最高成績で、3年時は4回戦で敗れ、甲子園出場はかないませんでした。

東海大北海道、有間裕亮選手の実績

大学では1年からベンチ入りメンバーに選出されています。

3年になってから6番指名打者で本格的にレギュラーで活躍を始め、

3年の全日本大学野球選手権大会では初戦の東洋大戦で3安打3打点を記録し、その後も2回戦で1打点、準々決勝で2打点とチームの4強入りに貢献しました。

4年になってからの情報は入っていません。

ベストナイン等の表彰選手にも選ばれたことはないようです。

【スポンサーリンク】

東海大北海道、有間裕亮選手の特徴

左の巧打者という印象が強いです。

打撃フォームは一般的なスタンダードなフォームながら、重心を下げて最短距離でバットが出るようにトップの位置もしっかりと取っています。

逆方向にも強い打球が打てるのが特徴で3年の全日本大学野球選手権でも1回戦の東洋大戦で左中間にヒットを放っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績はそこそこありますが、プロからの評価は聞こえてこない選手になります。

素材としては面白いので是非指名されてほしいものですね。

期待しましょう!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年北海道日本ハムドラフト2位】花咲徳栄高、野村佑希選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする