【2018年ドラフト】東海大北海道、市村優多選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、東海大北海道、市村優多選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

東海大北海道、市村優多選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 177cm/68kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 外野手
出身校 花巻東(岩手)

高校時代は出場記録がないことからベンチもしくはベンチ外だったようです。

3年時は、チームは、春は岩手大会、東北大会ともに制覇しましたが、夏は決勝で盛岡大付に4-5で敗れ甲子園出場はかないませんでした。

一つ下の代に現広島東洋カープの高橋樹也投手がおり、翌年は甲子園出場を果たしています。

東海大北海道、市村優多選手の実績

大学での成績については情報が全くありません。

ベストナイン等の表彰選手にも選ばれたことはないようです。

【スポンサーリンク】

東海大北海道、市村優多選手の特徴

情報がないため不明です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績がないことから、ドラフトで指名される可能性は低いと思われます。

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年ドラフト】東海大北海道、有間裕亮選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする