【2018年ドラフト】東海大北海道、笹林凌選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、東海大北海道、笹林凌選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

東海大北海道、笹林凌選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 172cm/69kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 東海大浦安高(千葉)

高校時代は出場記録がないため控えもしくはベンチ外だったものと思われます。

3年夏は、チームは準決勝で東海大望洋に2-12で敗れ、4強で敗退しました。

甲子園出場経験はありません。

東海大北海道、笹林凌選手の実績

大学においても目立った実績の情報はありません。

ベストナイン等の表彰選手に選出されたこともありませんでした。

同期に絶対的エースの中村海誠投手がいることから、控え投手としてベンチ入りしているものと思われます。

【スポンサーリンク】

東海大北海道、笹林凌選手の特徴

投球フォーム、球速、持ち球の変化球など詳細の情報が入ってきていません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高校、大学とも実績はほとんどない選手のようです。

ドラフトで指名される可能性は低いと思います。

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年ドラフト】東海大北海道、今川優馬選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする