2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】東海大、平山快選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、東海大、平山快選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

東海大、平山快選手の略歴、出身

出身 京都府精華町
身長/体重 181cm/80kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 一塁手・三塁手
出身校 東海大相模高(神奈川)

 

高校時代は2年秋から4番ファーストでレギュラーを務めていました。

3年春からは4番サードでレギュラーを務め、夏の大会で打率.500、1本塁打、打点5の好成績を残して県大会を制覇し、甲子園出場を果たしています。

甲子園では初戦の盛岡大付戦で敗退ながら現福岡ソフトバンクホークスの松本裕樹投手から2安打を放っています。

1学年下には現中日ドラゴンズの小笠原投手、現オリックスバファローズの吉田投手がいます。

高校通算37発の本塁打を放っています。

東海大、平山快選手の実績

大学1年秋からベンチ入りしています。

2年春から一塁手としてレギュラーをつかみ、2年秋は5番、3年春以降は4番とチームの主軸を担っています。

2年秋には打率.452で首位打者を獲得し、その後もコンスタントに結果を残し、

4年春までの通算で、打率.330、62安打、9本塁打、打点38、盗塁3の成績を残しています。

2年秋に首位打者とベストナイン、3年春に一塁手でベストナイン、3年秋に三塁手でベストナインを獲得しています。

【スポンサーリンク】

東海大、平山快選手の特徴

打撃フォームは少しオープンスタンス気味にバットを遊ばせて無駄な力を抜いてコンパクトに振り切るスイングしてくるタイプです。

逆方向にも強い打球で長打が飛ばせるのが魅力で、4年春までに二塁打を16本、三塁打も1本は放っています。

大学通算本塁打は9発記録しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高校、大学とも実績は十分な選手で、選考からは漏れましたが大学日本代表の選考合宿にも呼ばれている選手になります。

プロ注目と言われている選手ですので、右の強打の三塁手を補強ポイントにしているプロ球団から指名される可能性は高いと思います。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】東海大北海道、笹林凌選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】