2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】徳島大、友居京太郎選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、徳島大、友居京太郎選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

徳島大、友居京太郎選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 170cm/67kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 外野手
出身校 小松(愛媛)

 

高校時代は3年から公式戦に出場しています。

3年夏の県大会は、控え投手として2試合に出場し、1.2投球回、1奪三振、無失点に抑えて、チームは甲子園出場を果たしました。

甲子園では初戦で8-9で山形中央高(山形)に敗れ、友居選手は出場機会はありませんでした。

徳島大、友居京太郎選手の実績

大学では1年から外野手として出場しています。

チームは四国地区大学野球連盟二部に所属しています。

1年秋にベストナイン、3年春に打率.591で首位打者とベストナイン、4年春にベストナインを獲得しています。

【スポンサーリンク】

徳島大、友居京太郎選手の特徴

4年の現在はキャプテンとしてチームをまとめています。

打撃フォームに関する情報は不明です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高校では目立った活躍はありませんでしたが、大学では二部ながら1年からベストナインに選ばれるなど、外野手として開花したようです。

スカウトが視察している選手であるのであればドラフトで指名される可能性はあるのではと思います。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】関西国際大、石田啓介選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】