2018ドラフト(大学)

【2018年埼玉西武育成ドラフト3位】徳山大、中熊大智選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、埼玉西武育成ドラフト3位、徳山大、中熊大智選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

徳山大、中熊大智選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 176cm/75kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 捕手
出身校 九州学院高(熊本)

 

高校時代は3年から7番キャッチャーとしてレギュラーを務めていました。

3年夏の大会は、8強まで進出し、4試合で14打数4安打、打率.286、打点6の成績を残しています。

甲子園出場経験はありません。

徳山大、中熊大智選手の実績

大学では主に5番キャッチャーでレギュラーを務めています。

2年秋と4年春には首位打者とベストナインに輝いています。

【スポンサーリンク】

徳山大、中熊大智選手の特徴

打撃フォームは少しオープンスタンス気味のスタンダードなフォームで、ピッチャーの投球リリースと軽く右足を上げて振り切るスイングが持ち味です。

大学で2度の首位打者になっており、コンパクトに安打を量産できるシュアな打撃をします。

逆方向への流し打ちも問題なくできています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今年の全日本大学野球選手権にも出場しており、実績は十分残していると思います。

プロ注目といううわさは聞きませんが、水面下でスカウトが見ているのであれば、ドラフトで指名される可能性も十分あると思います。

期待しましょう!

 

10/25追記

埼玉西武育成ドラフト3位で確定しました!!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年埼玉西武育成ドラフト3位】徳山大、中熊大智選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】