2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】東農大北海道オホーツク、アドゥワ大選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、東農大北海道オホーツク、アドゥワ大選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

東農大北海道オホーツク、アドゥワ大選手の略歴、出身

出身 熊本県熊本市
身長/体重 196cm/83kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 九州国際大付高(福岡)

高校時代は3年からベンチ入りしています。

3年春の大会は、控え投手としてベンチ入りしており、県大会の準決勝のみ登板および先発し、2投球回、被安打2、無失点の記録を残しています。

チームは県大会を制覇して甲子園に出場しましたが、初戦で超スローボールで話題になった西嶋投手を擁する東海大四高に1-6で敗れました。

甲子園ではアドゥワ投手の登板はありませんでした。

東農大北海道オホーツク、アドゥワ大選手の実績

大学は1年春からリーグ戦に出場しています。

1年春の開幕戦で先発し、6投球回、無失点の好投で勝利投手になっています。

また、その年の全日本選手権でも2回戦でリリーフ登板し、1投球回、無安打無失点に抑えています。

しかし、その後は目立った実績を残せていないようです。

【スポンサーリンク】

東農大北海道オホーツク、アドゥワ大選手の特徴

最速136km/hの直球に、カーブをあやつるスリークウォーター右腕です。

広島東洋カープのアドゥワ誠投手のお兄さんです。

投球フォームは常時セットポジションから重心を下げつつテイクバックをかなり小さくとってすばやく腕を振るスタイルです。

プロ野球選手でいえば、広島東洋カープのアドゥワ誠投手のような投球フォームとなっていますが、

誠投手はテイクバックは小さくなく、右腕を下げてから投げているのに対し、兄の大投手は右腕は上げて投げています。

制球がやや不安定なところがあるのが課題だと言われています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大学1年以外に実績がなく、プロからの評価も聞こえてこない投手になります。

体格は恵まれているので、素材型としてドラフトで指名される可能性はあると思われます。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年福岡ソフトバンク育成ドラフト2位】東農大北海道オホーツク、岡本直也選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】