【2018年ドラフト】藤嶺藤沢高、矢澤宏太選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、藤嶺藤沢高、矢澤宏太選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

藤嶺藤沢高、矢澤宏太選手の略歴、出身

出身 東京都町田市
身長/体重 173cm/65kg
利き投/利き打 左投左打
ポジション 投手
出身校 藤嶺藤沢高(神奈川)
17年秋実績 神奈川大会8強(●2-4慶応)
18年春実績 神奈川大会3回戦(●2-5日大藤沢)
18年夏実績 南神奈川大会8強(●6-12横浜創学館)
甲子園実績 なし

藤嶺藤沢高、矢澤宏太選手の実績

高校時代は1年夏からベンチ入りしています。

1年秋からエースを任され、秋大会は16強に進むも、2年夏は初戦敗退したため一旦野手に転向します。

2年秋は3番センターとしてチームを支えて県大会8強に導きました。

3年春からエースに復帰し、3番ピッチャーで夏の大会に臨みましたが、8強で敗退しました。

なお、3年夏の大会は投手としては24.1投球回、奪三振31、失点12、防御率4.07、奪三振率11.47の成績を残し、打者としては打率.438の好成績を残しています。

甲子園の出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

藤嶺藤沢高、矢澤宏太選手の特徴

最速148km/hの直球に、スライダー、カーブ、チェンジアップ、フォークをあやつる小柄な左腕です。

投球フォームはノーワインドアップからゆっくり足を上げて重心をやや低くタメを作ってから素早くめいっぱい投げ込んでくるスリークウォーター左腕です。

ノビのある真っ直ぐに、キレのある2種類の縦横のスライダーで奪三振を奪うスタイルです。

プロ野球選手でいえば、横浜DeNAベイスターズの東投手に近い投球フォームとなっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績もあり、プロからも複数の球団から注目されている投手になります。

ドラフトで指名される可能性は高いと思います。

期待しましょう!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年ドラフト】堀越高、宮野結希選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする