【2018年ドラフト】東海大北海道、今川優馬選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、東海大北海道、今川優馬選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

東海大北海道、今川優馬選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 176cm/80kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 外野手
出身校 東海大四高(岩手)

高校時代は3年時に控え選手としてベンチ入りしています。

3年夏は控えながら甲子園に出場を果たし、2回戦の山形中央戦で代打で1安打を放っています。

チームは2回戦で延長10回0-2で敗退しました。

当時のエースは超スローボールで話題になった西嶋投手でした。

東海大北海道、今川優馬選手の実績

大学3年秋からベンチ入りして急激に伸びてきた選手になります。

3年時に出場した全日本大学野球選手権では1回戦の東洋大戦で右中間にホームランを放っています。

4年の春には打率.464、28打数13安打、5本塁打で首位打者賞、特別賞、ベストナイン、4年秋もベストナインを獲得しています。

【スポンサーリンク】

東海大北海道、今川優馬選手の特徴

打撃フォームはスタンダードなフォームながらバットを肩に担ぐ感じで構えたあと、ピッチャーのリリースの瞬間に足を大きく上げてフルスイングするスタイルを取っています。

スタンドに飛ばす長打力が魅力で、真っ向勝負にはめっぽう強い印象を持ちます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大学4年で大きく成長した選手になります。

プロからの評価はあまり聞こえてきませんが、東海大北海道の選手の中では一番プロ入りの可能性がある選手だと思います。

期待しましょう!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年ドラフト】東海大北海道、市村優多選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする