【2018年横浜DeNAドラフト1位】東洋大、上茶谷大河選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、横浜DeNAドラフト1位、東洋大、上茶谷大河選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

東洋大、上茶谷大河選手の略歴、出身

出身 京都府京都市
身長/体重 180cm/75kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 京都学園(京都)

高校時代は2年春からエースナンバーを背負いました。

2年夏は初戦敗退ながら1失点完投という好投を見せ、3年夏は2回戦で敗退し、甲子園に出場することはありませんでした。

最後の相手は強豪福知山成美でしたが、終盤崩れたものの中盤までは互角の投球を見せていました。

東洋大、上茶谷大河選手の実績

大学進学後は、1年秋からリーグ戦に出場しています。

主にリリーフとして少ないチャンスで結果を残していましたが、2年から3年にかけて血行障害で手術を経験しています。

しかしながらその後復活し、4年春からは先発に転向し、6勝、防御率2.29でMVP、最優秀投手賞、ベストナインを獲得しています。

4年春までは一部通算6勝、75.1投球回、防御率2.51、奪三振率11.11となっています。

【スポンサーリンク】

東洋大、上茶谷大河選手の特徴

最速152km/hの直球を軸に、スライダー、カットボール、SFF、チェンジアップをあやつります。

常にセットポジションから投げ込むスタイルで、セットポジションから重心を下げて一旦タメを作ってから腕を振り下ろすイメージで投げ込んできます。

直球で押しつつ、縦横の両サイドに変化球を投げ分けて空振りを取りに行く奪三振を奪うタイプの投手です。

制球面も四死球率2.15と安定しています。

投球フォームは広島東洋カープの野村投手のようなイメージです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ほとんどのプロ球団が注目している大学ナンバーワンの呼び声も高い先発タイプの投手です。

ドラフトで指名される可能性は高いと思います。

期待しましょう!

10/25追記

横浜DeNAドラフト1位で確定しました!!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年横浜DeNA育成ドラフト1位】滋賀学園高、宮城滝太選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちら

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする