【2018年オリックスドラフト7位】東洋大、中川圭太選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、オリックスドラフト7位、東洋大、中川圭太選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

東洋大、中川圭太選手の略歴、出身

出身 大阪府阪南市
身長/体重 180cm/75kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 二塁手
出身校 PL学園(大阪)

高校時代は1年秋から背番号3で5番ファーストでベンチ入りしていました。

1年秋の大会では12打数10安打、4本塁打、打点14を記録しました。

2年になると春夏は不祥事により出場できなかったものの、秋からは4番を務め、打率.346、2本塁打、打点10を記録しました。

3年夏は惜しくも大阪桐蔭に敗れ、準優勝で、甲子園出場はありませんでした。

東洋大、中川圭太選手の実績

大学進学後は、1年春からDHでレギュラーをつかみました。

1年秋から早くも4番を任され、打率.340、打点7を記録しています。

2年春以降は、毎シーズン本塁打を記録しつつ、打率も3割弱を記録し、3年春には打率.353を記録しています。

4年春までの一部通算では打率.289、69安打(二部との合計は97安打)、8本塁打、打点44、盗塁5を記録しています。

16年秋にはDHでベストナイン、17年春秋、18年春は二塁手でベストナインを獲得しています。

【スポンサーリンク】

東洋大、中川圭太選手の特徴

強打が魅力の長打の打てるセカンドになり、50m6秒2の俊足の持ち主でもあり、盗塁もできます。

打撃フォームはオープンスタンス気味で、リーチのある腕で外角のボールもうまく拾い、右方向にも強い打球が打てるのも魅力の一つです。

大学通算で8本塁打の他、三塁打も4本記録しているなど攻撃面では申し分ないですが、ここ3季で9失策の守備にやや課題が残っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大学での実績は十分で、プロ複数球団からも注目されている逸材になります。

打てる大型のセカンドはあまりいないので、ドラフトで指名される可能性は高いと思われます。

期待しましょう!

10/25追記

オリックスドラフト7位で確定しました!!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年オリックスドラフト5位】未来沖縄高、宜保翔選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちら

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする