2018ドラフト(高校)

【2018年ドラフト】豊田工、横田龍也選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、豊田工、横田龍也選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

豊田工、横田龍也選手の略歴、出身

出身 愛知県豊田市
身長/体重 185cm/84kg
利き投/利き打 左投左打
ポジション 投手
出身校 豊田工(愛知)
17年秋実績 愛知大会1回戦(●0-1名古屋国際)
18年春実績 愛知大会2回戦(●1-4豊橋中央)
18年夏実績 東愛知大会3回戦(●0-6西尾)
甲子園実績 なし

豊田工、横田龍也選手の実績

高校時代は1年からベンチ入りしています。

1年夏の大会は、2回戦の最終回でリリーフしましたが、アウトが取れずに被安打2で降板しましたが、3回戦に先発し、5投球回、被安打1で5回コールドながら完封勝利を挙げています。

チームは4回戦で敗退しました。

2年夏の大会は、2回戦で9投球回、被安打2で完封勝利すると、3回戦は2投球回だけリリーフで抑え、5回戦は9投球回、自責点6ながら完投勝利を挙げています。

チームは8強で敗退しました。

3年夏の大会は、2回戦は先発し、4投球回を無失点に抑え勝利し、3回戦ではビハインドからリリーフで登板しましたが、チームは西尾高に0-6で敗れました。

甲子園出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

豊田工、横田龍也選手の特徴

最速142km/hの直球と、スライダー、カーブ、チェンジアップをあやつるスリークウォーター左腕です。

投球フォームはノーワインドアップから足を高く上げて重心を下げつつ投げ込むスタイルです。

肩と肘の使い方が柔らかいのが特徴で、長身から繰り出すキレのあるまっすぐで空振り三振が奪える投手です。

本人は埼玉西武ライオンズの菊池雄星投手を目標にしているそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

1年からコールドながら完封を経験し、プロ注目とされてきた投手です。

伸びしろが十分あるように思えるので、素材としてドラフトで指名される可能性があるかもしれません。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】栄徳高、野口泰司選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】