【2018年ドラフト】土浦日大高、中村泰成選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、土浦日大高、中村泰成選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

土浦日大高、中村泰成選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 186cm/110kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 土浦日大高(茨城)
17年秋実績 茨城大会3回戦敗退(●0-16明秀日立)
18年春実績 茨城大会8強敗退(●3-5霞ヶ浦)
18年夏実績 茨城大会優勝(○6-1常総学院)
甲子園実績 2年夏1回戦敗退(●3-12松商学園(長野))、3年夏1回戦敗退(●2-6興南(沖縄))

土浦日大高、中村泰成選手の実績

高校時代は1年時から巨漢投手として期待されていましたが、公式戦での登板記録は残っていません。

2年夏、3年夏の甲子園でも出番はなく、3年夏は予選大会も含め試合出場はありませんでした。

【スポンサーリンク】

土浦日大高、中村泰成選手の特徴

登板記録が残っていないため球速、持ち球の変化球ともに不明となっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

巨漢投手として入学時に話題になったようですが、3年夏の登板及び出場記録がないなど、あまりに実績がなさすぎるため、プロから指名される可能性は低い選手になります。

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年千葉ロッテドラフト4位】明桜高、山口航輝選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする