2018ドラフト(高校)

【2018年ドラフト】津田学園高、上下大地選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、津田学園高、上下大地選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

津田学園高、上下大地選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 185cm/89kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 一塁手
出身校 津田学園高(三重)
17年秋実績 三重大会2回戦(●0-7菰野)
18年春実績 三重大会優勝(○7-6いなべ総合)
18年夏実績 三重大会2回戦(●6-7四日市)
甲子園実績 2年夏2回戦(●1-7済美(愛媛))

津田学園高、上下大地選手の実績

高校時代は1年からベンチ入りしています。

1年夏の大会は、代打で3試合に出場し、3打数1安打、打率.333の成績を残しましたが、チームは惜しくも準優勝に終わりました。

2年夏の大会は、4番ファースト兼外野手でスタメン出場し、23打数10安打、打率.435、打点9の成績を残して優勝し、甲子園出場を果たしました。

甲子園では、2回戦で1-7で済美(愛媛)に敗れ、上下選手は8打数無安打とヒットを打つことはできませんでした。

3年夏の大会は、6番ファーストでスタメン出場し、5打数2安打、打率.400、打点4の成績を残しましたが、チームは四日市高に6-7で延長12回サヨナラ負けでまさかの初戦敗退となりました。

【スポンサーリンク】

津田学園高、上下大地選手の特徴

野球選手としては恵まれた大柄な体格をしています。

打撃フォームは一般的なスタンダードなフォームでややオープンスタンス気味となっており、フルスイングで長打を打てる強打者です。

3年夏の初戦ではスリーランホームランを放っています。

とらえたときの打球速度はとんでもなく速く、パワーヒッターの天性の素質を秘めていると言われています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

3年夏は初戦敗退ながらホームランを放ち、スカウトにアピールしています。

粗さはまだ目立つようですが、伸びしろが十分あるように思えるので、素材としてドラフトで指名される可能性があるかもしれません。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】麗澤瑞浪高、井野海翔選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】